陶農レストラン設立経緯 | 石見銀山 | 陶農レストラン・清旬の郷|オーガニック・マクロビにこだわる佐世保市グルメ

陶農レストラン・清旬の郷|オーガニック・マクロビにこだわる佐世保市グルメ

石見銀山

今日は夕方から三日月 [IDA(イデア)塾メモ]に、参加するために博多に行って来ました。車

 

町おこしアップに頑張ってる人達の勉強会でカギ、九州内外から70数名の参加があり、波佐見からは5名が参加しました。

 

今日は、島根の石見(いわみ)銀山¥で、活躍されている「松場 登美おとめ座」さんのお話でした。

 

27年前に嫁いで来られておひなさま、人口500人弱(現在438人)の過疎の町を、沢山の観光客がバス 訪れる街にされました。

 

築150年以上の古民家群家を、修復しレンチ平成10年に㈱石見銀山生活文化研究所を設立され、現在は有名百貨店などに自らデザインした服飾ブランド「群言堂(ぐんげんどう)」を送り出し、年商10億を超える事業を展開されてます。叫び

 

暮らしをデザインすることでアート、それに似合った街が少しずつできて行く、「自然浴生活霧」を通して人間が授かっている本来の、「カンビックリマーク」を大事にした生活。 薪を使うメラメラご飯炊きや、バリアフリーでない段差のある造り。

 

失敗しょぼんや不便さから工夫が生まれ、また、そこに楽しみが生まれる音譜。「復古創新」の発想が、大変新鮮キラキラに感じました。

 

何か私達が忘れかけている、大切なことヒミツを教えていただいた気がします。クラッカー

 

そして、全て昔のままかとの質問には、100%とは無理ウソNGになる、20%はOKと正直に答えらていました。合格

 

そこには、「文明なしの酒場お酒」があるそうです、和ろうそくメラメラを灯して自然ひらめき電球を感じながら飲むそうです。

 

写真を見せてもらいました、「チョーいい感じクラッカー」、是非今度、松場さんの笑顔に会いに行きたいと思います。にひひ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seisyunnosato.jp/MovableType/mt-tb.cgi/29

コメントする

陶農レストラン清旬の郷へのアクセス

  • 陶農レストラン清旬の郷までの地図(詳しくはこちら)
  • 佐世保市三河内駅から陶農レストラン清旬の郷までの地図
  • 佐世保市早岐駅から陶農レストラン清旬の郷までの地図
  • 東彼杵郡川棚駅から陶農レストラン清旬の郷までの地図
  • 波佐見有田ICから陶農レストラン清旬の郷までの地図
波佐見町観光ガイド(PDF)のダウンロード。